ミノキシジルってなに?

みなさんはAGA(男性型脱毛症)に悩まされていますか?
世の中には大きく2種類のAGA治療薬があります。
主成分がミノキシジルのものとフィナステリドのものです。
ミノキシジルが主成分の物は有名な薬として日本だと「リアップ」と言う医薬品があります。
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
海外では「ロゲイン」と言う薬が一般的に知られています。
ミノキシジルはもともと経口の高血圧治療薬として開発されましたが、後から育毛効果が発見されて
ロゲインと言う外用薬として発売されました。ミノキシジルは血管拡張により毛乳頭細胞が活性化するとか
毛母細胞が活性化するとか言われていますが、他の血管拡張系の医薬品には同様の作用が見られないため
現時点ではミノキシジルと発毛効果の因果関係は解明されていません。
また、ミノキシジルの濃度が濃いと何となく効果が強そうな感じがしますが、アメリカの研究では
濃度の変化による育毛効果の変化は認められないとのことで、濃度が濃ければよいと言うものでもないみたいです。

もうひとつのフィナステリドを主成分とするAGA治療薬には「プロペシア」と言う医薬品があります。
プロペシアにはジェネリック医薬品の「フィンペシア」と言う薬もあります。
これらの医薬品は、フィナステリドという成分が睾丸で生成される「男性ホルモンテストステロン」をDHTという
物質へ変換する酵素を阻害することでDHAを作らせないことで育毛効果を発生させます。
DHAは過剰な皮脂を分泌させ毛穴を塞いでAGAをおこさせるため、このDHAを生成させないプロセスが重要に
なると言う事のようです。
プロペシアの効果が見られるまでには継続的に服用しないといけなく、通常6か月程度の服用を目安となります。
途中で止めてしまうとまたやり直しになってしまうようです。
フィンペシアはプロペシアのジェネリックなので当然、使用方法は同じような感じになります。

ミノキシジル系とフィナステリド系は育毛・発毛効果に対するアプローチが全く異なるため、両方の薬を併用するのが
より効果的であると言われています。
この手のくすりを継続的に購入すると結構財布に痛いところですが、最近は海外医薬品の個人輸入サイトでも普通に
買うことが出来るのでこれらのサイトを利用するのが良いかもしれません。国内でプロペシアを処方してもらうと
なんだかんだで1万円近くの金額になったりしますのでこれを6か月続けるのは痛いですよね。