男性ホルモン、ジヒドロテストロン

日本国内に限らず、世界中にいる男性の悩みである男性型脱毛症(AGA)は、進行性の抜け毛や薄毛といった症状を伴うものです。
国内には1000万人を超える人がAGAの症状に悩んでおり、一定の年齢を越えた女性にも症状を伴う事があります。
AGAになってしまう原因は諸説ありますが、もっともの原因と考えられているのが男性ホルモンです。
男性ホルモンの中でもテストステロンという物質が関係しており、このテストステロンは男性の胎児期から思春期にかけて欠かす事の出来ない物質です。
というのも、テストステロンは身体の発達のために重要なホルモンであり、男性器の成長や筋肉またはヒゲが生えるなど、男性の特徴である部分の成長に欠かす事が出来ません。
しかし、思春期を越えた辺りから、ある酵素によって変換されてしまい違う男性ホルモンに変換され生成されてしまいます。
その酵素は5a還元酵素というもので、この酵素によってテストステロンはジヒドロテストロン(DHT)となってしまいます。
このジヒドロテストロンは脱毛はもちろん、前立腺肥大の原因物質でもあります。
ジヒドロテストロンが頭皮の細胞である、毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体に結合してしまうと毛髪の成長を止めてしまう信号を出してしまい、毛髪が休止期に入ってしまい、抜け毛を起こしたり、栄養を摂取しなくなってしまった髪は太さを失い、痩せ細ってしまい薄毛の症状などを起こします。
こういった仕組みでAGAを発症するので、対策としては原因となっている5a還元酵素の働きを抑制するか、頭皮の血行を良くして毛髪に十分な栄養が行き渡るようにしなければなりません。
プロペシアと言う発毛薬があります。
これはフィナステリドという成分で作られており、酵素の働きを阻害する作用をもっています。
剤型は錠剤であり服用することで効果を得る事が出来ます。
また、育毛効果が高いとされ、髪に十分な栄養を補給出来るのがミノキシジルという成分です。
ミノキシジルとはノコギリヤシを研究して開発された成分で、頭皮に塗ることで、頭皮が活性化し髪に栄養が周り、コシのある太い髪が生えるようになります。
フィナステリドと一緒に使うと相乗効果もあると言われています。
AGAに悩んでいる方は半年程使う事で効果を実感出来るはずです。
2つの成分の相乗効果で抜け毛や薄毛を改善していきましょう。